当センターについて

持続的平和研究センター(RCSP)とは


2010年4月から, 大学院総合文化研究科にグローバル地域研究機構( Institute for Advanced Global Studies, IAGS)が置かれ,そのもとで持続的平和研究センター( RCSP),持続的開発研究センター, アフリカ地域研究センターという3つの研究センターが新たに発足 しました。「人間の安全保障」 に密接に関連したテーマを扱うこれら3センターは, 教育プログラムとしての「人間の安全保障」 プログラムを研究拠点としています。


持続的平和研究センター(RCSP)では, 平和概念の再定義を含む,理論的研究,歴史的研究, 世界各地の紛争現場におけるフィールド調査, アクションリサーチ, 平和政策の批判的検討などの研究活動を中心として,実践的な研究や情報発信に努めてきました。


難民移民ドキュメンテーション・プロジェクト(The Pfoject of Compilation and Documentation on Refugees and Migrants, CDR)を中核プロジェクトとして,さらに活発に実践的かつ世界水準の持続的平和研究を展開し,持続的平和に関連する研究の柱として,難民とともに人権・ 人道法を導入し,新たに「国際法研修・研究ハブグループが形成され,若い世代をとりいれた人権・ 人道法の研究を行っています。